不動明王ネックレス販売。ご購入はこちら♪

不動明王ネックレスの販売通販です。デザイン・お値段など色々とご用意しておりますので、不動明王のネックレスをお探しの方は是非ごらんください。

不動明王のネックレスの後は・・・・仏像と台座

多くの仏像は、台にのっています。

これらの台は「台座」と呼ばれていて、とてもいろいろな種類があります。

仏像だけでなく、仏像の台座も仏像鑑賞の注目するポイント。

ですから、仏像の台座についても知っておきましょう。



・蓮華座(れんげざ)

 蓮華の花の形をしている台座。上部に花をあらわした蓮弁、下部に水面をあらわした框(かまち)がある。

 とても多くみられる台座で、如来や菩薩によく使用されている。


・須弥座(しゅみざ)

 須弥山と呼ばれる世界の中心の山をモチーフにした台座。


・裳懸座(もがけざ)

 須弥座に、仏像の着ている裳の裾の前面が台座まで覆っている状態の台座。


・瑟瑟座(しつしつざ)

 岩をモチーフにした台座。角形の材を井桁(いげた)状に積み重ね、立面中央がしぼられた形にしたもの。不動明王に用いられる。


・岩座(いわざ)

 岩のような形をした台座。明王や天部像に使われる。


・雲座(くもざ)

 来迎する諸仏が乗る台座。


・洲浜座(すはまざ)

 砂浜を形取った台座。


・荷葉座(かしょうざ)

 蓮の葉を伏せた形の台座。天部像によく使われている。


・鳥獣座(ちょうじゅうざ)

 象・獅子・牛・孔雀・鵞鳥などの鳥や獣などの生物をかたちどった台座。文殊菩薩・普賢菩薩、孔雀明王、などがのっている。


・生霊座(せいれいざ)

 異教の神や邪鬼を踏みつけている形。四天王などに使われている。


・榻座(とうざ)

 半跏思惟菩薩像が使用する台座。円形の腰掛の上に布がかかっていて、下方には反花が付いている。


・曲碌座(きょくろくざ)

 椅子の形をした台座。僧侶が用いる。

Copyright © 不動明王のネックレスがほしい人はココ! All rights reserved